Pote Pote Garage

リトルカブ・ポテポテ号とSRX600(キック況拭砲鮖つダメダメオーナーの日記。
<< 1年間の成果やいかに? | TOP | 出張メンテ&初・複数台ツーリングなのだ!〜その2〜 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - |
    出張メンテ&初・複数台ツーリングなのだ!〜その1〜
    0

      ようやく路面もドライになったので、無理やり友達の不動カブをメンテしに行ってきましたよ!


      ここのところあんまりにも走っていなかったので、冬眠準備の全くなされていない私のカブまで不動になるとこでしたよ……(汗)



      前にちょっと触れましたが、2001年?だかのSEリトルカブでございます!





      (きれいにする前だったので埃まみれですが、後で磨いてやたらピカピカになりました〜!)


      キャブ3速モデルでして、オーナーいわく半年以上不動だとか……


      キャブ車ということもあり、何やら怪しい感じですね……


      私はエンジン掛けるまで、「ガソリン腐ってダメなんじゃ……」とずっと考えておりました(汗)


      こう見えても(?)キャブなYBRにはこまめに乗ってますので、キャブ関係のトラブルとは無縁ですので、
      「キャブ」と聞くだけでなんだかヤバそうな先入観があるのですね……


      これがゆとりあるFIカブオーナーの考えることなんでしょう、大げさすぎます(笑)
      (ちなみに、友達も私もゆとり世代である!……泣)


      キャブの分解だの清掃だの、高度な整備はしたことはありませんので、とりあえずキャブはスルー。





      とにかくエンジンをかけてみたかったので、キックオンリーの3速モデルということもり、キックでカッコつけてみたのですが……


      かからん!


      ということで、バッテリーは即ピットインして充電!





      YBRの始動性対策のこともあって、バッテリー充電器を買ってしまっていたので、これを活用です。


      ア○ゾンで最も評価の高かったようなやつです。
      普通自動車以上は充電できないみたいなので、あしからず。


      ピットインから3時間くらいたった後、「FULL」の表示になったので、とりあえずカブにON。


      今度はかかるだろうとキックを連発するのですが……


      かからん!


      なんで?やっぱキャブだからか?
      (なんで私はこんなにキャブ恐怖症なの?……まあ、いつもFIカブとキャブYBRを比べている時点でダメですが汗)


      もう100回くらいキックしたはずです。もう何度やっても、


      かからん!


      そんなとき、ふとガソリンのことが頭をよぎったんですね。


      別にガス欠だろうと思って閃いたわけではないのですが、シートを開けてみると……


      ガソリンないじゃん!


      ついでにキーを入れてキャップをはずすと、


      リザーブのホースが見えるほど、全く入っていなかった!


      ガソリンコックがONだったのは確認していたのですが、バッテリー以前の問題でした。


      おそらく、ガソリンが満タンでない状態で夏を越して揮発させてしまったのかと思われますが、理科系じゃない私は良くわかりません(汗)





      ということで、近くのセルフスタンドにガソリンの入れ方のレクチャーも兼ねて押して歩くことに。


      3リッターほど入り、スタンドでキックしたところかかりました!


      ごはんが欲しかったみたいですね。


      さすが、気分にチュージツ、毎日ジュージツのリトルカブですね(笑)





      そうしてかかったので、とりあえず他のメンテは、


      ・オイル交換





      ※イメージです


      ・タイヤ空気圧点検





      ※イメージです


      ・バッテリーの保持充電
      ・可動部の注油
      ・拭き掃除
      ・ワックスがけ
      ・さび取り


      を行いました。
      というより、これくらいしかできません(汗)


      チェーン注油は距離を走っていないし、チェーン部はむき出しになっていないので、整備は見送ることに。


      個人的に気になったのは、オイル交換しようと思った時にドレンを囲むようにしてプラスチックのカバーがかかっていて、





      なんじゃこれ?と思ったら、アンダーカバーというかフェンダーだったのですね!





      レッグシールドの下部で留まっているみたいで、ねじも長かったですよ!


      なんか、オフ仕様ですな!
      そもそも、これは仕様なのか、前のオーナーの仕業なのか……?


      無駄に羨ましい(笑)





      そんなこんなでとりあえず復活して、ついにカブツーリングしちゃったのですが、それはまた次回ということで……



      ※キャブYBRの始動性問題は諸説ありますが、日頃のバッテリーメンテナンスは大変重要かと思われます。
      私自身、冬突入と同時にYBRの始動性が悪くなってしまったことを経験していますが、バッテリーの充電やバッテリー液の管理ができれば、チョーク一発でかかるようになりました。
      とにもかくにも、YBRは素晴らしいオートバイですので、大目に見てやってください(汗)
      (FIカブが優秀すぎるだけなのです、そうなのです)

      23:30 | リトルカブ | comments(0) | -| - |
      スポンサーサイト
      0
        23:30 | - | - | -| - |
        コメント
        コメントする