Pote Pote Garage

リトルカブ・ポテポテ号とSRX600(キック況拭砲鮖つダメダメオーナーの日記。
<< 出張メンテ&初・複数台ツーリングなのだ!〜その1〜 | TOP | チェーン調整&エアクリ掃除 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - |
    出張メンテ&初・複数台ツーリングなのだ!〜その2〜
    0

      いつも忘れたころに続編を書いてしまっていたりするので、今回はマジメに書きます(汗)


      メンテは終了して、とりあえずエンジンはかかった!というところからの続きですよ〜!


      といいつつも、実はメンテや運転練習の順番はめちゃくちゃなのですが、構成上仕方ありません


      エンジンはかかったのですが、なにせキャブ車ですから、アイドリングが安定しません。


      それに加えて長期放置&冬期であることが効いたのか、チョークを引いてもすぐにストール。


      仕方がないので、


      ・チョークを引かずにスロットルを開けた状態でキック始動
      ・アイドリングよりも高めの回転数でステイ


      といった具合に、いかにも暖気みたいなことをしておりました。


      ようやく安定したかな〜と思って1速に入れて走りだそうとするのですが、回転数が上がらずストール……


      そんな感じでエンジンストールからキック始動して暖気させるループを数回繰り返していたら、ようやくアイドリングのトコトコ感も安定し、発進と加速がスムーズに!


      キャブの中どうなってるか問題は置いておいて、とりあえず復活ということにしておきました(汗)





      車体は復活したので、今度はオーナーをちゃんとライダーにさせねば!
      1年前に教えていたのですがね……(泣)


      とのことで、改めて発進・変速・停止を刷り込ませました!


      マニュアルではなくカブなので安心ですが、変速は初心者にとってはつらいものです……
      それに、自動車免許がAT限定だとなおさらですね。変速の意味を理解してもらうのに時間がかかりますし、私も納車当時は苦労したものです。





      ※イメージです


      それに、ただ変速すればいいだけではなくて、タイミングも大事になってきます。


      オートマの四輪車だと深く考えませんが、ミッションとエンジンの回転数の関係性も考えつつ、感覚でシフトチェンジできるようにならないといけないとなると、結構大きな関門です。


      とまあオーナーの家の近所で練習してもらい、続いてウインカー操作と交差点での運転を複合してやってもらいました。


      ウインカーはカブ乗りだけがなぜかつまずいてしまうワザで、ハンドル右側にウインカースイッチがある関係から、スロットル操作とは独立してウインカー操作をしなければならないという荒技を普通にできなければなりません。


      しかも、交差点の前後でのウインカー操作と交差点を曲がるという動作を複合してやらなければならないので、初心者にとっては難しい。





      何回か練習してもらいましたが、特に危なっかしい感じでもなかったので、一呼吸置いて本格的に大通りに出てみることにしました!


      本人いわく、一度は大通りに出てお買物がてら走ってきたみたいですが、いかんせん本人は四輪も所有しているので、どうしてもクルマで出かけてしまいカブにはなかなか乗るタイミングがなかったんだそう。


      だいたい片道5キロの道のりでしょうか?
      普通に右折する交差点や、二段階右折の交差点、左折専用レーンからの車線変更など、50cc特有の交通法規もパスしてもらいつつの走行です。


      私が先導しましたが、短距離とはいえ、立派なプチツーリングでした!
      2台で走ると余裕があるといいますか、周りの状況にシビアになり過ぎることもないので、なかなか愉快なものでしたね





      ※イメージです


      残念ながら写真はありませんが、もっと色のある季節に走ると、気持ちいいでしょうね。





      ※イメージです


      納車のときの気分を味わうため(?)、休憩のときに私は同じ飲み物をチョイス。


      走り終えて、友達はあまり怖そうな感じではありませんでしたが、


      「自分が親になって子どもが高校生になっても原付免許は取らせるのはちょっと……」


      という話をしていたのは印象的でした。


      楽しかった半面、何かを感じ取ってもらえたのなら50cc乗りの私としては良い機会だったと感じています。


      気軽そうに見えて、実はエンジン付きの乗り物の中である意味一番怖いクラス。


      でも、ちゃんと危険予測や装備などの予防措置ができれば、楽しい乗り物であることも確かです。





      原付にしてはちょっとやりすぎですが、これを着けて「死亡事故原因の第二位は胸部なんだぞ〜!」と言ってみたり、


      ちょっと想像に絶する想像もしていただいたようなので、常に危険と隣り合わせであることを頭に入れつつ、楽しくカブライフを過ごしてほしいものですね


      ちなみに、友達のカブは他県へと今月中には運ばれていく予定なので、新天地ではもっと乗りこなしてもらって私よりもうまくなってもらいたいものです!





      1年前にもこの子のカブには乗っていましたが、キャブとインジェクションでは全くレスポンスが異なることに驚くばかりでした。


      私はカブ購入検討当時はキャブかインジェクションかの選択ではなく、3速か4速かで考えていましたので、キャブでもFIでもいいかな?程度に思っていたのですが……


      FIのほうが、スムーズな感じを受けましたね。でも、個人的にはキャブ車を羨ましく思っているところもあって……


      それは、75ccの簡易ボアアップができること。


      私のFIカブを原二化するとなると、投資額も改造個所も本格的なものになってしまいますが、キャブ車はノーマルの状態で75ccにボアアップできるというから貴重なものです。


      それに、キャブ車はセッティングに忠実なので、セッティングの違いが分かるようになれば、さらに整備力も備わりますし、メンテのやりがいもあるものです。


      キャブの良さ、FIの良さは乗り続けてみないとわからないものですが、わずかながらその違いを実感できたこのごろでした!


      それに、友達がカブに載っている姿にニヤリ、排ガスのにおいにニヤリと、カブとたくさん戯れられて楽しかったですね(爆)





      ひとりごと:


      あ〜、FI車用の簡易ボアアップキットでないかな……


      FI車がもっと売れますように……
      「あのスタイルで簡易原二化したい!」と思うオーナーが爆発的に増えますように……(汗)


      なんてお祈りしてみたかったり、でも50の良さもまだまだ堪能したかったり……!


      23:08 | リトルカブ | comments(0) | -| - |
      スポンサーサイト
      0
        23:08 | - | - | -| - |
        コメント
        コメントする