Pote Pote Garage

リトルカブ・ポテポテ号とSRX600(キック況拭砲鮖つダメダメオーナーの日記。
<< 出張メンテ&初・複数台ツーリングなのだ!〜その2〜 | TOP | 2014・瀬戸内 -卒業- ツーリング 〜1・2日目〜 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - |
    チェーン調整&エアクリ掃除
    0

      先週からここのところ、整備ばっかりやっています(笑)


      といいつつも、しっかり走ってたりもしますが……


      チェーンを触るのには抵抗があって整備をやってこなかったのですが、オイル交換などもろもろの整備ができるようになってきたので、さすがにトライしてみました!


      というのも、今までチェーンを触っても「余裕じゃん!まだ調整しなくていいよ!」と高をくくっていたのですが……





      これではチェーンの点検になっていない!


      無知って怖いです、今までチェーン上部を下に押すようにして、チェーンのたるみを確認していました(爆)





      これが正常な確認の仕方です。


      日常点検なのに、こんなのも知らないなんて……(汗)


      リトルカブのチェーンのたるみの適正値は25mm〜35mmですが、私のカブは40mmでした……ああ、合掌。


      50mm以上の状態では絶対に走行しないようにと車体のステッカーにも記載されているので、今気づいてよかったです





      しかし、リトルカブは2つのレアサイズが存在することを今になって気づくのです。
      (もしかしたら、もっとある?)


      それは、


      ・14インチタイヤであること
      ・23mmレンチが必要であること


      です(汗)





      カブ乗りならご存知かもしれませんが、チェーンのアジャスタを留めている2つのナットのうち、奥にあるスリーブナットといわれる部分は23mmレンチでないと緩めることができないのですね。


      いつかはこの日がくると思っていましたが、必要ない時にレアな工具なんて使いませんから、買うのほっといていましたよ





      ホームセンターでは売っていないので、工具屋でラチェットレンチ用のソケットを購入。


      一般的なものよりも長めのタイプで、高さは80mmあります。


      普通のソケットで良かったような気もしますが、なんとなく長さが足りなくなるような気がしましたし、コンビレンチでは車体の構造上、整備性悪そうな気がしたので、これにしました。








      そして、12.7mm用のラチェットハンドルなんて持っていないので、こっちはホームセンターで購入。


      2つ合わせて2,000円ほどの出費でした……(痛いなあ)





      そうしてチェーン調整を始めますが、最初に問題の23mmで緩めなければならないスリーブナットを一生懸命緩めていたのですが、バカでした……


      最初は手前のアスクルナットを19mmレンチで緩めてから、スリーブナットを緩めます。


      これに気付くのに10分くらい、えいやーこーらーとがんばっていたんですけどね……


      そして、両側のアジャストナットを緩めて目盛が同じ位置になるようにうまいこと合わせるのですが、これに苦戦してしまい、かれこれ1時間以上格闘しておりました……


      要領がわかってくるとテキパキできるのかと思いますが、これが今の私のレベルです


      写真はありませんが、だいたい25mmくらいのたるみになり、本当は30mmのたるみにしたかったのですが、またわけがわからなくなりそうなので断念。


      試走してみましたが、駆動ロスが減って1〜2速に余裕がみられる走りになったような気がしました。
      (あくまで感覚ですが)




      考えてみると、もうすぐ1万キロなので、長旅に行く前の整備ということでエアクリを覗いてみました。


      カブのエアクリは、レッグシールドを外すと上部にみえる黒い箱みたいなやつです。





      エアクリを取ってみましたが、新品が手元にないので、汚れているのかどうかナゾ……





      エアクリケースのほうはこんな感じ。


      ふ〜ん。





      エアクリ内側に、エアダスターで空気を吹き付けてやりました。


      写真はありませんが、PC向けに売っているスプレータイプのやつです。


      エアクリ不良の状態がどんなものかわかりませんが、あくまで予備整備ということで。





      それと、今週末に控えた卒業旅行のために、ツーリング装備満載仕様に変身させました。


      いつもは、


      ・時計
      ・ドリンクホルダー
      ・リアボックス
      ・ハンドルカバー
      ・グリップヒーター
      (・フロントキャリア)


      という、街乗り仕様にとどめていますが、今回はこれに加えて、


      ・フロントバスケット
      ・ベトナムキャリア
      ・コンビニフック
      (お買物袋はリアボックスに入れるので、普段はつけていないのです)


      をプラスしてみました。


      やっぱり、ちょっと重量が増すだけでも取り回しに影響しますね〜


      まあ、カブなのでそこまで重大な心配でもありませんが


      最近、タイヤやブレーキのちょっとした違いに気づくようになりつつあるので、その影響なのでしょうか?


      これからは、そのときの路面状況や車体の状態に合わせたライディングができるといいなあなんて思っていますね〜


      19:45 | リトルカブ | comments(0) | -| - |
      スポンサーサイト
      0
        19:45 | - | - | -| - |
        コメント
        コメントする