Pote Pote Garage

リトルカブ・ポテポテ号とSRX600(キック況拭砲鮖つダメダメオーナーの日記。
<< チェーン調整&エアクリ掃除 | TOP | 2014・瀬戸内 -卒業- ツーリング 〜3・4日目〜 >>
2014・瀬戸内 -卒業- ツーリング 〜1・2日目〜
0

    ようやく一週間の旅から帰ってきて、この土日は新生活への買い物三昧でした……(汗)


    意外と買い物って疲れるものですね……


    とりあえず、記憶が薄れないうちにレポートしておきます。


    行きは12:50出航の太平洋フェリーなのですが、余裕を持って9時前出発。


    仙台港にはカブでも行っていましたが、不安だったので早めに行きました……
    (実は事前にYBRでも下見に行っていたのですが、それでも不安……)


    案の定、バイパスをうまく抜けられず、交差点を間違えながらも到着……
    (地元なのにね……)


    といっても、手続き開始の2時間くらい前と、かなり余裕の到着です(笑)





    待合所?の前に停めていますが、本当は二輪車の待機所があるのでそこに停めましょう(汗)





    こんな感じですね。


    ハイシーズンでないにもかかわらず、オートバイは6台くらい、自転車2台とそれなりにおりました。


    が、原付はやっぱり私だけです(笑)





    フェリーへのバイク持ち込みは初めてなので、ドキドキです……


    こういったどうでもいいことでも、なんか旅してる感がでますね〜


    ちなみに、車両の確認のために車検証が必要なのですが、50ccの場合はナンバープレートの映っている写真にての確認となりました。





    そんなこんなで積み込みましたが、ハンドルを固定する関係で、ハンドルカバーがいつの間にか外されていました……(汗)


    もしハンドルカバーを付けている状態であれば、外してから積み込んだ方がトラブルなしです。
    (その後、ミラー位置の調整で難儀することに……)





    風は冷たいものの、快晴でなにより。


    酔い止めはとりあえず必要ない感じです。





    フェリーに乗ってからは、特にやることもないので、音楽を聴きながら名古屋〜大阪間のルートの確認なんかをしていました。


    寝台だったので、自分の居場所が特にあるわけでもなく、ずっとデッキの窓辺でぐーたらしてました……





    そんな感じで1日が過ぎて、2日目の午前中には名古屋に到着。





    ハンドルカバーも付け直して、ミラーの調整もして、いざ出発!となったのですが……


    国道1号に出られない!


    地図で確認したのに、こんなことになるとは……





    どこを走っているのかわからないので、とりあえずお店に入ってみると、バイク屋だったのか、バイクばっかりで大変恐縮な感じに……(汗)


    右斜め前にいるやつなんか、1400ccのK社のメガツアラー?ですし、奥に見えるのはH社のメガクルーザー?(もうなんしーしーだか……1800??)……(泣)


    あ〜、視線が痛い……


    ということで(?)、バイク屋はスルーして、安心の100均で道を聞きましたとさ!


    囲まれなくてよかった、よかった(汗)





    そうしているうちに、国道1号に入り、南下していきます。


    途中で国道25号・名阪国道といわれる道との分岐に差し掛かりますが、名阪国道は自動車専用道。


    でも、国道25号なんです。


    標識には、国道の表示と緑字の自動車専用道の表示が重なっていたのですが、私はてっきりもうひとつの国道25号(旧道)にも行くのかと思い、右のほうに行きかけたその時……


    大型車が後ろから来ている!


    しかも、分岐してもしばらく1車線しかない!


    先に行かせようと思い、ゼブラゾーンに入ったのが九死に一生でした ……


    だって、


    目の前には自動車専用道の標識が!!(爆)


    危うく、とっ捕まるとことだった……(泣)


    その後あたふたしながらも、原付が普通に走れる国道25号・旧道に入ったのですが……





    ここから、私の国道観がなし崩されていったのです……











    ??





    ???





    なんじゃこの道〜!!


    確かに国道25号のほうに向かっているはずなのに、センターラインがなくなるわ、山奥にはいっていくわで段々不安になっていく……





    見えにくいのですが、確かにおむすびマーク、国道なんですね。











    もう一度申し上げますが、これはれっきとした国道25号の本線での写真です。


    関西本線という電車が通っているところをちょうどトレースしているような国道なので、てっきり普通の片側一車線路なのかと思っていたのですが……


    写真はありませんが、途中にはなんとダートがございます(汗)


    採石場がある関係で、どうしてもダート区間ができてしまうらしいのですが……


    でも、これ国道??


    二桁国道にあるまじき要素満載で、最初は不安でしたが、結局はかなりエンジョイして写真撮りまくっておりました!


    普通のクルマ?や普通のバイク?などは無料の名阪国道に流れてしまうので、交通量はほとんどありません。


    原二なら、後続車が全く来ない状況で走破できるかと思います。


    ちなみに、この日は休日だったので採石場から来るダンプはいませんでした。
    (帰りのときは平日だったので、ダート区間で何台かとすれ違いました)


    後から調べて分かったのですが、この道路はいわゆる酷道と呼ばれる、全国でも有数のトンデモ国道だったみたいです。
    (検索すれば例のダート区間など、いくらでも出てきます)


    こういった予期せぬことが起こるのが旅の良さですが、こういったことに未経験の私にとっては、かなりのカルチャーショックでした(笑)


    本当は瀬戸内を走るのがメインですが、それに負けないくらいの素晴らしい(?)ルートでございました!


    個人的には、50ccで名古屋〜大阪間を走るなら、交通量や走行距離を考えてもいいルートだったかと!


    ありがと〜、酷道25号!(笑)





    どうでもいいことですが、途中でこんな区間もあり、





    誰もいなかったので、案の定、


    3,2,1,GO〜!


    をやってきましたよ!(笑)


    今まで住宅地だの、幹線道路だのでこっ恥ずかしいことはできなかったので、念願叶いました!


    ちゃんとギアは1速に入れましたが(汗)





    そうして楽しく走破したものの、国道163号(特に清滝生駒道路)で狼狽して、大阪に入ってからは地獄の道のりで(国道170号の旧道を選択したことが最大の失敗)、





    なんとか出航1時間半前にオレンジフェリーに積み込み完了!


    私、がんばった!


    おととしのroad to 青山の経験がなければ成し得なった……!


    名古屋港〜国道1号〜国道25号(旧道)〜国道163号〜国道170号(途中の商店街押し歩きあり)〜府道5号〜紆余曲折して国道479号〜大阪南港


    このルートでいろいろ迷ったりしつつ9時間で到着!


    昼もサンドイッチとろくに食べていないので、





    フェリーのレストランで焼き肉丼をがっつりと!


    こんなに糖分、塩分が身にしみるなんて……!


    やっぱり、食べることは大事ですな(笑)





    そしてそそくさとお風呂に入って、バタンキューです。


    3日目の朝には、もう四国・伊予ですよ!


    つづく!


    22:26 | 2014・瀬戸内 -卒業- ツーリング | comments(0) | -| - |
    スポンサーサイト
    0
      22:26 | - | - | -| - |
      コメント
      コメントする